老化とたるみ

年齢と共に生じる老化という減少。老化が起こると、体内に様々な不調が起こります。そして、女性の多くが直面する老化の悩みも。その悩みとは、肌の悩みです。 老化が起こると、腰や関節が痛くなったり、白髪が出てくるだけでなく、肌も一気に衰えを見せ始めます。弾力やハリがなくなり、一気に老けた印象の肌になってしまうのです。弾力やハリがなくなると、何故、肌が老けた印象になってしまうのか・・・その原因は、たるみです。 肌のたるみに悩みを抱える女性は多いでしょう。若い頃、たるんだ肌とは一生無縁であるかのような弾力を持った肌の持ち主でも、気付けば肌にたるみやシワができてしまうのです。そもそも、あなたは肌がたるむ実態というものをご存知でしょうか?たるみとは、当初引き締まっていたものが緩んでしまうことです。つまり、ハリと弾力に満ちていた肌からハリや弾力が消え、垂れ気味になってきた状態のことをいうのです。しかし、何故、老化と共に肌はたるんでしまうのでしょうか?たるみの原因について説明していきましょう。

老化に伴ってたるみが起こるのには、3つの原因があります。その中の1つが肌の弾力の低下です。老化と共に、肌の構造を支えるコラーゲンやヒアルロン酸は減少してしまいます。その結果、肌を支える構造が乱れてしまい、肌はたるんでしまうのです。次に、肌の中の皮下脂肪が肥大化してしまうことも、たるみが出来てしまう原因です。皮下脂肪は、体内のエネルギーを保存し、保温する役割を持っています。しかし、歳をとると、この皮下脂肪は肥大化します。そして、皮膚の中で膨らんでしまいます。その結果、重力の関係から下へと垂れてしまい、同時に肌も下へと下がってしまうというわけです。最後に、肌の筋肉がなくなってしまうこともたるみの原因となります。私達の身体の筋肉は、年々、衰えをみせます。それは、顔の筋肉にもいえることです。顔の筋肉が減少すれば、同時に、顔の肌を支えるものがなくなってしまいます。その結果、顔の皮膚や脂肪が下がり、肌がたるんでしまうというわけです。このように、様々な老化現象によって、肌はたるんでしまいます。しかし、肌のたるみは、老化だけで起こるものではありません。老化だけではなく、外的要因、内的要因、生活習慣などによっても起こってしまうものです。次のページで、「老化以外の原因」としてまとめています。たるみを引き起こす外的要因、内的要因、生活習慣について紹介していきましょう。