癖がたるみを引き起こす

あなたには、色々な癖があると思います。その中には、たるみを引き起こす癖を含んでいるかもしれません。今回は、たるみを起こしてしまう身近な癖について紹介しましょう。

まず、あなたには、デスクに座った時、家のリビングでテレビを見ている時、悩んでいる時、頬杖をつく癖がありませんか?頬杖をつく癖を持つ人は、肌がたるみやすくなってしまいます。 というのも、頬杖をつく際、頬杖をついている皮膚が伸ばされてしまい、たるみが出来てしまうのです。ふと頬杖をついてしまうというあなたは、出来るだけ癖を改善するようにしましょう。
次に、あなたは寝る時に横向きで寝ていませんか?横向きで寝るのも、肌をたるませてしまう原因となります。横向きに寝ると、頭の重さが全て肌に掛かってしまいます。頭の重さを抱えたまま眠りにつくと、その重さの分、肌がどんどんたるんでしまうのです。寝る時の姿勢は、仰向けを心掛けましょう。
また、猫背の人、うつむきがちの人も、顔がたるみやすいと言えます。猫背の人や、うつむきがちの人の場合も、頭の重さが頬に掛かってしまいます。それを毎日続けると、徐々に頬のお肉がたるんでくるのです。良い姿勢を心掛けることは、たるみを予防することにも繋がります。

この他、無表情がちの人も顔がたるみやすくなってしまいます。無表情の人というのは、顔の筋肉が普通の人に比べて衰えがちです。笑ったり、泣いたり、感情を顔に表すことで、顔の筋肉は鍛えられていきます。肌を引き締めるためには、普段の表情にも気を付けましょう。