食事でたるみを予防・改善

たるみは、顔からハリや弾力がなくなってしまうために生じてしまうものです。よって、たるみ知らずの肌を持つためには、肌の弾力やハリを保つ成分を意欲的に食事において摂取してあげることが重要です。
肌に弾力やハリを作る主な成分としては、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸があげられます。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を意欲的に摂取し、体内からたるみ知らずの美しい肌を手に入れましょう。

肌の弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を豊富に含んだ食材としては、以下があげられます。

・牛すじ…牛のアキレス腱にあたる牛すじには、コラーゲンが豊富に含まれています。煮物にして柔らかく煮込めば、美味しく食べることができます。
・鶏皮…鶏皮とは、鶏の皮の部分です。コラーゲン、ヒアルロン酸が豊富に含まれています。骨、鶏冠もオススメです。
・卵の皮…卵を割った時、薄い皮があるのをご存知ですか?あの皮には、コラーゲンを増やす成分が含まれています。生卵を割ったとき、殻をそのまま捨てるのではなく、薄皮も一緒に使うようにしましょう。ゆでたまごの時も、薄皮を一緒に食べるようにしましょう。

なお、コラーゲンが豊富な食材は、焼くよりも煮て調理するのがオススメです。
煮ると、コラーゲンの繊維がほどけ、コラーゲンの吸収率が高くなるのです。また、コラーゲンも寒天のような姿に変化し、美味しい食感を味わうことができます。

この他、たるみを予防・改善する食材として、大豆イソフラボンを豊富に含んだ納豆、肌の新陳代謝を活発にするキュウリ、美肌効果の高いビタミンCを豊富に含んだキウイフルーツ、ビタミンEを豊富に含んだアボカドなども効果的です。
毎日、バランス良く摂取して、美しい肌を目指しましょう。